「暮らすを楽しむ布とかご展」について


明日に控えた「暮らすを楽しむ布とかご」展。
今日、相方・リョーコさんは大切なご家族とのお別れがあり、
2人での企画展を延期させていただくことを
ここでお知らせいたします。

今日、突然のことでしたが、明日からスタートの企画展で
状況を知らずに足を運んでくださる方々がいらっしゃって
何も用意できなかったら、それこそ申し訳ないので、
樹皮アクセサリー類・蔦雄さんの木工作品・皆川さんのホウキを
展示してきました。

リョーコさんとの2人展で出すために
気合を入れて製作した樹皮かご類は、
その日のために取っておこうと思います。

P13401361.jpg

P13401421.jpg

なので、当初は25・26日は在店の予定でしたが
今回は期間中は不在になります。
併せて、今回はカフェのランチもナシとなります。
(最終日の午後は伺います)

以上、ご理解の上、足を運んでいただけたら幸いです。

スポンサーサイト

リョーコさんとの2人展(その3)


あの日から6年。
多くの犠牲や悲しみ、祈りの日々の中で得た気付き。
自分にとって本当に大切なことは、たくさんあるわけではない。
ほんの一握りの、本当に大切なことを、守っていこうと決めた。
あれからの日々を思い返す、大事な日。
またここに立ち戻り、リスタートする。

・・・・・

24日からの企画展に並べる予定の
私の師匠たちが作った、暮らしの道具。

◎ 手作りほうき ( 皆川竹男氏 作 )
畑づくり、ほうき草の種まき、畑の草取り、収穫、タネ取りを経て
ようやくほうき作りの材料ができる。
一年をかけて丁寧に作られるほうきづくりを
皆川さんに習い始めて7年。
作り方は理解できても、自分でやればやるほど
皆川さんの仕事の美しさに感動を覚える。
そこに、リョーコさんが染めた布を添えて。

DSC_13351.jpg

◎ 木片マグネット ( 外久保蔦雄氏 作 )
美しい木目を楽しむ、大ぶりのマグネット。

P13400161.jpg

◎ ピザカッター ( 外久保蔦雄氏 作 )
こちらも樹種ごとの木目の美しさが見どころ。

P13400221.jpg

◎ カトラリー類 ( 外久保蔦雄氏 作 )
1本1本表情が違くて、どれもかわいくて、絵になる。

P13306021.jpg

私が尊敬してやまない、2人の師匠。
地域の素材を愛し、暮らしの道具を生み出す。
仕事として、生産するためのものづくりではなく
ものづくりそのものが生活の一部なのだ。
そんな背中を、私も追いたい。

リョーコさんとの2人展(その2)


家を囲んでいる農地に積もった雪もかた雪となり、
ズブズブ沈まないので走り回るのにちょうどいい。
この景色もあと少しかな。

P1330829.jpg

今月24日からの企画展に向けて過ごす日々。
子どもたちのペースに合わせながらの創作なので
ガツガツと量を生産することはできないけど
ひとつずつ、自分自身でかわいいなーと思えるものがそろってきた。

P13308931.jpg
小ぶりのバッグ

P13308921.jpg
A4イケるバッグ

P13309011.jpg
リョーコさんと合作ポーチ

P13309311.jpg

P13309431.jpg
アクセサリー類、各種あり

P13309801.jpg
私はピアスの穴をあけてないので
自分で試すことができないため
ピアスは作っていません

P13308191.jpg
ブローチ類

などなど、あとは企画展にて。
気になる方はぜひおいものせなかへお越しください。
でも、くれぐれも数は期待しないで(苦笑)

同じカタチでもひとつひとつ表情が違うのが
自然素材の面白さであり、魅力である。
そういう意味ではすべてが一点ものなのだ。
搬入の日、リョーコさんの布製品とのマッチングが楽しみ。

斜め上


昨日の朝はマイナス17℃の世界。
一方、日中のあたたかさからは春の訪れを感じる。

ここ何日かは日中の陽ざしを遮断し、つる細工に没頭。
ただ今乾燥中。

P13307911.jpg

7年目のコーヒーの木が
今年も実をたくさんつけてにぎやかだ。
今年こそ収穫・焙煎にチャレンジか。

P1330689.jpg

・・・・・

我が家の3歳三女、今のところ
ほとんどお絵かきして遊ぶことなく育っている。
上の2人は小さいころから自由に絵を書いて
遊んでいたものだが・・・。

先日、姉たちがお絵かきし始めたタイミングで
3歳三女にも「何か書いてごらん」と振ってみた。
最初は「いやだ」と言ってたけど、
「アンパンマンは?」と提案したところ、のった。
それが、以下の絵である。

P1330574.jpg

うーん、斜め上な作品・・・。
絵本を一人で読むのは好きなんだけどねー。
同じくお絵かきも好きになってほしいと願う母であった。

P13305701.jpg

リョーコさんとの2人展


昨日、フライヤーの入稿が完了。
いよいよあと1ヵ月。

リョーコさんとの2人展は3年ぶりとなる。
久しぶりだけど、相方と一緒の仕事はやっぱり安心感がある。
今年から「Aoni」という屋号を掲げたリョーコさん。
染色など、これまで以上に表現の幅が広がっている。
過去の企画展はお互いの作品を持ち寄るだけだったけど
今回は初めてベンガラで染めた布とかごのコラボ作も制作。
私たちはお互いにたくさん作れるわけではないけど、
自分たちがやりたいことを表現できる企画展にしたいと思う。

フライヤーオモテ

フライヤーウラ
プロフィール

stm19

Author:stm19
2011年より「風土に学び、楽しく暮らす」をコンセプトに、身近な自然素材を使ったモノづくりをしています。


「暮らす」を楽しむ
    布とかご vol.2

3.24(fri)-31(fri)
10-18時(最終日16時)
おいものせなか+cafe
花巻市上小舟渡166-2
0198-22-7291

※25・26日(土日)
両作家が在店。
ネパールチキンカレーか
スープ&パンの
10食限定ランチあり。
予約がおススメ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
地球の名言

地球の名言 -名言集-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: